ZEH

ZEH 概要

ZEH

・ZEHは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略語です。
・消費-(省エネ+創エネ)=エネルギー収支ゼロ以下

ZEHの4つの基準

①外皮平均熱貫流率「UA 値」が規定以下
②基準一次エネルギー*消費量を20%以上削減
③再生可能エネルギー導入*
①〜③によって基準一次エネルギー消費量から 100%削減

※一次エネルギーは石油や天然ガスなど自然界にある物質から直接エネルギーに変換することで得られるエネルギー。
※ ZEH Oriented。多雪地域などの条件によっては太陽光発電等の再生可能エネルギー設備の搭載が条件に入らない。

ZEH住宅には補助金が出る

ZEHには太陽光パネルの設置や外皮性能を満たすなど、多額の費用がかかります。費用面におけるハードルから国のZEH 推進が停滞しないためにも、行政では民間の省エネ設備の導入支援を図るため、各種の補助金・助成金制度を用意しています。ZEHの基準を満たした住宅を購入もしくは新たに建てる場合は、補助金の活用がおすすめです。

高松工業の家の性能等

全棟ZEH水準を達成している。
①外皮平均熱貫流率:UA値 0.41~0.43W/m2/k(地域区分3で断熱性能等級5。2~7の内5以上がZEH基準)
②基準一次エネルギー消費量を 23%以上削減(20%以上削減がZEH基準)
③再生可能エネルギー導入 ZEH Oriented に該当するため③の要件無し。多雪地域。
・C値:相当隙間面積(家にどのくらい隙間があるかの指数)0.7cm/mi。高気密。

※平成14年までは寒冷地でC値2.0cm/m、その他の地域でC値5cmi/miという基準が存在。今はない。